人の妻を寝取る男たち

風俗嬢は奥様だったのです

メタボ状態の僕が考えること

beetrtrtt

たまに宅配業者が羨ましいと思うことがあります。なぜなら、いろんな場面でいろんな人に出会えるからです。
一方の社内エンジニアの僕はいつも隣にメガネをかけた好みでもない女性と一緒に仕事をしています。

仕事の合間に想像していて、もし団地に配達することになったら、いろいろな人に声を掛けるのだろうけど、
おそらく半分は女性だろうな。そうすると、そのうちの半数が若い人妻だったとして、ドアを開けた時に、
バスローブでお出迎えしてくれる人妻の風俗嬢がいたら、ラッキーだろうな~

そんな場面に出くわしたらどうする!みたいな妄想をしていました。
すると、隣のメガネをかけた女性エンジニアが咳払いをして現実に連れ戻されました。

僕が人妻風俗に通っていることはその彼女は知らないのだろうけれど、こういう妄想に対してはすぐ反応するタイプなのです。
また、宅配業が羨ましいと思うところはやはり体を使う仕事だからということです。

私は社内でずっと座っているために、体重がいわゆるメタボ状態で、風俗に行ってもあまり好まれないのです。
しかし、体力のあるマッチョな人は会話が弾んだり、「触ってみる?」みたいなことができていいなぁと思うわけなのです。

とはいっても、現実的には宅配業は非常に大変なので、いつも「お疲れ様です」と声をかけてますけどね。
体がなまっているとついつい良からぬことを考えてしまう私でした。